審査の質は向上されてきました。

カードローンについての審査には2つの必須調査があります。
信用情報機関照会による他社借入調査や事故情報の取得と自宅.勤務先への架電による在籍確認になります。
銀行や消費者金融業は2010年に法改正された他社借入金額と年収の基準に照らし合わせ与信判断を行いますが1つでも条件がクリア出来なければ融資は不可ということになります。
在籍確認調査では勤務している実態確認は必須で自宅は任意の所が多いようです。
一部在籍確認を実施していない業者がある様ですがこれは信用情報調査時に勤務先情報も登録されていますので申告内容と同一であれば架電していないものと思われます。
この2つの条件のクリアして融資契約が可能となりますが限度額設定は各会社の与信基準がありますので様々になってきます。
判断基準において主に考慮されるのは年収.勤務年数.持参書類.自宅区分.職種等になります。
業者側の質向上もあり審査は10分から30分程度で完了し時間短縮が図られている傾向があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>