カードローンの審査は返済能力を確かめられる

銀行や消費者金融のカードローンの審査においては、返済能力を判断されます。
返済能力とは、借入者の収入、年齢、ローン、など
。カードローンからお金を借り入れしたければ、審査は避けては通れません。
銀行であっても消費者金融であっても必ず審査は行われ、調査されます。
収入が多ければそれだけ審査に有利となりますし、限度額も多額与えられます。

カードローンを作るにはやはり働いていて収入があることが重要となります。審査の中でそれを証明するために在籍確認と呼ばれるものがあります。申込書に記入した勤務先に実際勤務しているかを調べることです。在籍確認は通常は電話で行います。電話ではあくまでも担当者の個人名で電話がかかってきて金融機関名を名乗ることはありません。したがってカードローンを作ることを会社の人に知られることはありません。
出典:審査に通りやすいカードローンとその審査基準とは

働き先も申告し、働き先が堅実であればこれもまた有利となります。
公務員、大手企業などが有利ですね。アルバイト、パートなどの非正社員ですとどうしても将来の不安、収入の少なさから低額限度額となりがちです。

大手に勤めており、収入が多額であれば審査に通過するのか、と嘘を申告するのはNGです。
働き先に嘘をついてしまっても、審査の際に働き先に在籍確認の電話が行くのです。
在籍確認の電話に誰も出ない、在籍確認の電話に他人が出て、該当の人物はいないと言われてしまえば、借り入れができません。
嘘をついてしまい、嘘がばれてしまうと信用性が無いとされ申し込みを却下されてしまう事だってありますのでやめましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>